システムの見積もり方法に正解はあるのだろうか?

正しいシステムの見積もり方法とは

システムを構築するためには、人の手を介さなければできない。
当たり前の事なのですが、そこにはシステムを作る側の人件費という大きなコストが必要になってくるのです。
近年は様々な業種でIT化が進んできており、システムを導入するのになぜこんなにお金がかかるのか?
などという声をよく聞く事があります。

私自身はシステムを導入する側、システムを作る側、それぞれの立場で業務にあたった事があるので、その経験を元に効果的な方法を少しご紹介したいと思います。
 

プログラムのステップ数で見積もる方法は有効か

かつてこのような方法でシステム構築の費用を見積もっている会社もありました。
(現在もあるとは思います。)
システムインテグレーターと呼ばれる会社は作成する成果物の量によって、費用を見積もらなければならないため、プログラムのステップ数は確かに一つの尺度にはなるのですが、必ずしも有効な方法にはならないという事が言えるでしょう。

オブジェクト指向言語が普及する現在においては、ステップ数が増えればよいものが出来るとも言えないからですね。
このような方法であれば、機能ごとに重みをつけるファンクションポイントの方法などがより皆が納得出来る見積もりになるのではないでしょうか。

パッケージの製品のようにライセンス料を付加していく方法はどうか

システムにもパッケージ製品のようなものもたくさんありますね。
代表的なものが会計ソフトのようなものでしょうか。
1ライセンスあたり年額xxx円のように、見積もる方法です。

このような方法を応用して、この機能をリリースする事により、年額xxx円頂きますというような見積もり方法もあります。
その機能を使用する事で、導入する企業側が継続的に利益を得られるのであれば、納得感のある見積もりと言えるのではないでしょうか。
ただし、永続的にコストがかかるため、よほど良いシステムでなければ、導入する側の企業に受け入れる事はないでしょう。
 

まとめ

数十年前までは人月、人日、人時単位の見積もりが当たり前だったのですが、時代の変化と共にシステムの見積もりの方法も様々な方法が出てきていますね。
一概にこの方法が正しいとは言えないと思うのですが、状況によって使い分ける方法が良いのではないでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »