システム開発の費用はなぜあれほど高いのか?

システム開発費用が高くなる理由は?

そのような事を疑問に思われる方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
少し開発を依頼したつもりだけなのに数百万、数千万というお金がかかるののですから驚かれる方もいらっしゃるのではないかと思います。

筆者なりに理由を考えてみたいと思います。

1.システム開発の難易度が年々上がってきている

この点が要因の一つでしょう。
数十年前はほとんどか比較的容易なCOBOL言語などで作られたコンピューターシステムが大半だったのですが、現在はシステムの用途に応じてサーバーを構築したり、ソフトウェアの分野においては、c、java、python、javascriptなど実に様々なコンピューター言語を駆使しなければモダンで高セキュリティな良いシステムが作れなくなってきています。
そのため、開発経験豊富なエンジニアを要所で投入しなければ課題を解消出来ないという点も大きいでしょう。
 

2.要員確保の難しさ

1の開発難易度の話と関連してくるのですが、一人のシステムエンジニア、プログラマーで全ての部分を開発し終えるという事はなかなか難しいと思います。
そこで、特定の分野・言語に長けた人材を確保しようとすると、様々なプロジェクトから引っ張りだこであったりして、結果的に人件費が高騰し、プロジェクトコストが高騰するという事に繋がります。
 

3.パッケージライセンス、システム利用料

これから開発を依頼して導入を進める予定のシステムには、ベースとなる部分においてパッケージソフトを使用していることもありますね。
そういった場合はソフト使用料(ライセンス料)などが含まれる事になり、開発-導入総コストが膨らむ傾向にあります。
あらかじめ様々な機能が盛り込まれているのはあり難い事なのですが、費用面と天秤にかけて、開発-導入を決める必要がありますね。
 

4.プロジェクト管理コストが必要になる

プロジェクトの大なり小なりはあると思いますが、あらかじめ定めたプロジェクト目標を到達させるために様々な管理をしていかなければお客様を満足させられるシステムは出来上がらないという点があるでしょう。
品質面での合格ラインを高くすればするほど、対策コストが高騰してくるという点も影響してくるのではと思われます。
 

5.テスト、移行工程にある程度の時間がかかる

システム開発というとプログラミングの仕事を創造される方が多くいらっしゃるとは思うのですが、関連する設計書やテスト関連ドキュメントなど、様々なドキュメント作成が必要になってきます。
また、システムリプレイス案件など、プロジェクトの種類によってはデータ移行などもしなければならない事も多くあります。

プログラミング作業だけであればそれほどの手間を要しないのですが、その検証作業にやはり人手を要してしまうと言うことですね。
 

最後に

システム開発の見積りを見て、あまりに高いと感じる事がある場合はそのプロジェクトに上記のような要因が無いか確認して頂けるといいかもしれません。
それでも高いと感じる場合は別の会社に見積もりを依頼したり、値下げ交渉が必要になるでしょう。
 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA