副業として太陽光発電事業を始めてみよう。

今回は太陽光発電事業のご紹介をしてみたいと思います。

様々な投資事業がありますが、太陽光発電事業も投資事業の一つと言えるのではないでしょうか。
発電事業というと大規模な設備投資が必要になるイメージをお持ちかもしれませんが、
個人で太陽光発電事業を始める方が非常に増えてきているのです。

不動産投資の方がよく知られた投資方法かもしれませんが、近年は福島の原発事故から反原発という社会的な流れもあり、自然エネルギーの開発へ注目が集まっている事も背景にあるのかもしれません。

遊休土地をお持ちの方であれば、太陽光発電事業はまさにうってつけの事業と言えるでしょう。

用意しなければならないのは土地となりますが。
決して都心部でないといけないわけではなく、地方の日射量の多い地域であれば太陽光パネルを設置する事が可能になります。

引退した政治家の亀井静香が兵庫県の山で大規模な太陽光発電事業を始めたのが最近ニュースにもなっていましたが、規模を少し小さくすれば個人の方でも十分ビジネスを始める事が可能になるのです。

人口減少が社会問題になりつつある中、不動産投資よりもひょっとすると先行きの明るい事業と言えるかもしれません。

さらに実は一から全て準備する必要はなく、すでに稼働している太陽光発電の事業所をそのまま買い取る方法もあります。
比較的小さな場所であれば1000万以下で買い取る事も出来るのです。

事業を始める方が日本政策金融公庫などで太陽光発電事業のために融資をよく受けられていると思いますが、手持ちの資金がなくても、借入れをする事で事業を開始する事も可能なのです。

土地活用を考えられている方は不動産事業以外に、太陽光発電事業も頭の片隅においておいてはいかがでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »