大企業、中小企業で求められるビジネススキルは異なるのか?

大企業・中小企業で求められるビジネススキルとは?

最近は転職することが珍しくない時代になってきましたね。
私自信も転職をしたことがあるのですが、いわゆる従業員が1,000人以上いる大企業と中小企業とではサラリーマンとして必要とされるスキルが異なるような気がしています。

ここで筆者が感じた大企業で求められるスキルと中小企業で求められるスキルをまとめてみたいと思います。

大企業で求められるスキルとは?

・調整能力
大企業で活躍するためには、やはり必須のスキルと言えるのではないでしょうか。
様々なバックグラウンドを持つかたや、様々なスキルを持つ人材が共同で仕事を進めることが多いため、自分自身の専門スキルは勿論の事、関係者間を調整するスキルを持っていなければ、大企業で活躍し続ける事は難しいのではないかと思います。

・問題解決力
大企業においてはこなしていく仕事の規模が大きくなることが多いですね。
そのため、あらかじめ決められた手順通りにこなせない仕事にも直面することになるのではと思われます。

そのような時に関係者と力を合わせ、解決に向けてプランを立てられる能力が必要とされて来るでしょう。

中小企業で求められるスキルとは?

・専門的スキル
中小企業の場合はまずなんと言っても自分自身が会社の利益を上げられる存在で無ければならないでしょう。
調整事だけに長けている人材というのは中小企業においては少し煙たがられるかもしれません。

会社に所属する人数も当然少なくなるため、一人一人が会社の利益に直結する業務をこなし、場合によっては複数の役割を兼務してこなさなければならない局面もでで来るでしょう。

・人事、経理等の間接業務スキル
会社を動かしていく人数が限られているケースが多いため、間接業務のスキルを持っていると重宝される事でしょう。

一種の専門スキルとも言えるかもしれませんが、どのような会社でも必要となる会社運営に必要な業務が必ずあるため、その業務に長けている人材は中小企業で必要とされるでしょう。

最後に

令和の時代に突入し、終身雇用の企業も徐々に少なくなってくることが予想されます。
知り合いの紹介などで企業規模が大きく異なる企業などに転職する際には、上記のような事を少し意識して頂ければ業務をスムーズにこなせるようになるかもしれません。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »