新型コロナウィルス蔓延で考える不況時に耐えうるビジネスマンになるためには?

新型コロナウィルスが猛威を震う現在の世の中ですが、ビジネスの世界は今も動き続けています。

報道によりますと、今後は企業の倒産などにより失業者が増え、リーマンショック時よりもさらに深刻な経済危機が訪れる可能性があると言われていますね。

このような局面でビジネスマンとして重宝されるにはどのようなスキルを持ち合わせたおく必要があるのでしょうか?

以前メディアで元日銀理事の方が話をされていましたが、このような局面では経済とは何なのかという点を原点回帰をして考える必要があるというような趣旨でしたね。

頷ける部分も多かったのですが、今後の仕事への関わり方について考えを改める必要があるのではとも思った次第です。

少し具体的に考えてみますと、自分自身の専門性を高めていく事は非常に大切なのですが、その内容が日本の社会活動、経済活動にどれだけ重要な仕事なのかという点でしょうか。

今回の緊急自体による自宅待機要請のようなケースは非常に稀かもしれませんが、再開しなければならない仕事が本当に社会にとって必要とされているのかどうか?という点が、行政からの補償の内容、世論などにも影響してくるのではと思われますね。

パチンコ屋ばかりが何かとやり玉に挙げられてはいますが、改めて自分自身の仕事がこの日本社会にとって、また今所属している会社(組織)にとってとれほど重要な事をしているのかという点を考える良いきっかけになったと思います。

はやく新型コロナウィルスが終息しますように‥‥。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »