行政書士資格を取得する。書類作成代行業の登竜門

行政書士という資格をご存じでしょうか。
役所などへの提出書類の作成、提出手続きを代行する国家資格です。

士業の中では最も取得しやすい資格といわれていて、税理士や公認会計士のように、複数科目の受験が必要になるわけではありません。

様々な資格専門スクールが宣伝をしていますが、働きながら、または主婦(夫)業をしながら、資格取得に励む事が可能になっています。

そして必要とされる場面も多岐にわたってきます。

・自動車関係の書類作成代行
・外国人の就労資格の認定書類作成代行
・建築業の認可申請代行

公的に必要な書類というのは非常に多く存在しているため、全くの初心者の方が書類を作成するとなると、それなりの時間を要する事になります。

そのような背景もあり、特定の分野に特化をした行政書士の方があらゆる方面で活躍されているのです。

試験の合格率は10%程度と決してやさしい資格ではありませんが、資格取得後には国のお墨付きをもらえるわけですので、ビジネスチャンスが広がる事は間違いないでしょう。

士業という仕事の形態に以前憧れを持っていたという方にはとっかかりとしては非常に有効な資格と言えるのではないでしょうか。

行政書士という資格に興味が出てきましたでしょうか?まずはヒューマンアカデミーに資料請求して検討をしてみましょう。資格・教育「ヒューマンアカデミー」

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »