税理士に相談してみよう。事業が大きくなってきたら業務効率化を

今回は税理士との付き合い方についてご紹介してみたいと思います。
税理士と聞くとどのようなイメージをお持ちでしょうか。
税金を計算してくれる人、帳簿を預かってくれる人、など人それぞれイメージをお持ちでしょうが、これからの税理士との付き合い方についてご紹介してみたいと思います。

様々な分野でシステム化・AI化が進む中、税理士の業務も大きく変化してきています。
数十年前までは顧問の税理士の事務所に帳簿を記帳してもらい、試算表、決算書を作成してもらう。

そのような業務委託が中心だったのではと思います。

現在はシステム化が進み、単純な記帳代行業務はもはや自動で処理されるような時代になってきています。

もはやそれだけの業務委託であれば税理士は必要なくなってきたと言ってもいいでしょう。
それではどのような点を税理士に依頼すればよいのでしょうか?

それは様々なコンサルティング業務です。代表的なところでは節税の相談でしょう。
利益が出そうな状態で期末を迎えそうであれば、税理士の方を巻き込んで節税対策を考えた方が良いですね。

設備投資をする、従業員、経営者の決算賞与を出すなど、節税対策は多岐にわたるため、専門家を交えて対策を考える事で様々なやり方が見えてくるのではないでしょうか。

また、バックオフィス業務の省力化という点でも税理士に依頼する事はメリットが大きいと思われます。特にfreeeと提携している会計事務所などでは、人事、会計業務のスリム化を推進している事務所が多くあります。
今まで数名かけて企業のバックオフィスを回していた業務量が一人で完結できるようになったという話もよく耳にします。

事業が大きくなりそうになったら信頼できる税理士に相談する。
おすすめ出来る方法と言えるでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »