スタートアップ企業の役員報酬の額はどう決める?

起業したてのスタートアップ企業の役員報酬はどう決める?

起業したての会社や個人事業から切り替えた初年度の会社経営者の方は役員報酬の額をいくらにするのか迷われている方もかなりいらっしゃるのではないでしょうか。
役員報酬の金額決定は法人にする上での一つの楽しみでもあるとは思います。

役員報酬の額は原則として1年間固定です。
期の途中で役員報酬を変更するには合理的な理由(経営環境の変化など)が必要になるため、出来れば最初に決めた額で1年間経営すべきでしょう。

ただ、あまりのんびりし過ぎて、その事業時期の開始3か月が過ぎるまでに役員報酬の額を決めなければ、その期の役員報酬を損金算入する(経費として処理する)事が出来なくなってしまいます。

金額設定に悩まれているのであれば、最初の金額は低めに設定しておいた方が得策ではないかと思います。
あまり高すぎる役員報酬を設定してしまうと、社会保険料や所得税が高くなってしまうため、結果的に損をしてしまうケースがあるからです。

役員報酬を低めに設定したとしても、社会保険には加入が出来ますし、残りは結局会社にお金が残る事になるのですが、会社として取りうる節税策はほかにもたくさんあると思います。
会社器具や備品を購入する。接待交際費として経費処理する、等。
会社の経費として処理できるものは法人の費用として処理をしておくことで、効率的な資金運用が可能になるのでしょう。

もちろん初年度から売上高が大きく見込めるのであれば、役員報酬を高く設定しても問題無いと思います。見通しが明るくない状態のまま、役員報酬を高くしてしまう事は得策にはならないでしょう。
判断に迷われる方は信頼のおける税理士の方に相談されてみてはいかがでしょうか。
税理士ドットコムで最適な税理士選び

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »