人事・労務業務をよりシステム化、効率化すべき方法とは?

人事・労務業務の効率化について考えてみたいと思います

企業規模が大きくなると、間接部門が大きくなりがちです。背景としてはいろいろ理由があると思うのですが、企業の規模が大きくなると、複数の部門が生じたり、職位の階層が複雑になったり、様々な会社のルールを整備する必要が出てくるからです。

人事というと人の採用に関わる業務が中心と思わがちですが、社内での異動の業務や、労務関係の業務、給与計算や退職に関わる話まで意外と多岐にわたる事となります。
 

システムでどこまで自動化出来るのか?

最もシステム化、効率化しやすい部分はやはり給与計算や労務関係の部分でしょうか。比較的事務的な仕事が多く、計算業務なども多く含まれるので、システム化しやすい部分とも言えるでしょう。
 

どのようなシステム・ソフトがあるのか?

ある程度の企業規模になると、その会社の業務特性などを鑑みて、自社オリジナルの人事・労務ソフトを作る事が多いとは思うのですが、比較的スタートアップに近い企業の場合は、freeeの人事・給与計算ソフトなどがおすすめでしょう。
freeeの会計ソフトを使用された方であれば、システムの結合も容易になりますので、非常に使い勝手が良いシステムだと言えるでしょう。
詳細はこちらから無料でお試しから始められる【人事労務freee】

自社の業務に応じたfreedのカスタマイズも比較的柔軟に対応する事が出来ますので、試験的に導入する事も考えてみてはいかがでしょうか。
 

他に効率化出来る業務は?

人事の採用業務というのはやはり人事業務において時間と手間をかけざるを得ない業務の一つでしょう。
面接だけでは判断できないような性格診断を正確に行えるソフトが様々な会社から販売されていますのでこちらも試験的に導入されてみてはいかがでしょうか。
様々な面接対策があらゆる個所で実施されており、一度きりの面接だけで人を見抜こうとする人事の採用担当者の目利きによる経験と勘だけでは、適正な人材を選び抜く事が難しい時代にもなってきています。
12000社に導入された実績を持つ適正検査ソフトです。
scouter.transition.jp

こちらはlineと連動した人事採用業務を行えるソフトですね。
hcm-jinjer.com/media

採用業務の効率化、適正化を考えられている方はぜひ一度ご検討頂ければと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »