転職活動をする際の職歴記載において注意した方が良い事とは?

転職活動をする際の職務経歴書の書き方について

転職活動を進める方が増えている現在ですが、転職活動をする上で必要になる職務経歴書の書き方について、自分自身の経験や様々なコンサルタントからのお話を元に、気を付けておいた方が良い事をご紹介したいと思います。
 

必要以上に職歴を盛って記載しないこと

自分自身が可能なスキル、経験してきた職務経歴をアピールする事は非常に大切な事なのですが、あまりオーバーに記載してしまうと、仮に内定をもらえたとしても、後々大変な事になるでしょう。

また、最近は職務経歴書の記載内容が本当の事なのかどうかという点を、人事担当者があらゆる手を使って調べたりします。
嘘・偽りが多いと、本来の能力を買われていたとしても不合格となる可能性があります。
過大な自己アピールは要注意という事ですね。
 

時系列に並べる場合は、直近の職務から並べて記載する事

コンサル業界などは特にそうなのですが、中途採用者の場合は特に直近の業務で何をしていたのかという点から確認する事が多いようです。

履歴書は時系列の古い順に学歴・職歴を記載すると思うのですが、職務経歴書については、直近の職歴から中身の濃い部分を重点的に説明する書き方の方が、説得力が増してくるでしょう。
 

転職回数が多い方は抜粋の記載を検討する

最近は転職という事に抵抗を考える人が少なくなってきており、多い人では10回を超える転職をしている方もいるでしょう。

その全ての転職履歴の記載・説明を自信をもって出来るという方であれば問題はないのですが、中にはそうでない方もいらっしゃるのではないかと思います。

そのような方は全ての職歴を記載するのではなく、自分のアピール材料となる職歴を抜粋して記載するようにしてみると良いかと思います。

これからの時代はますます転職活動が増え、人材がより一層流動化していくのではと考えられます。転職活動をする際にも、大きなストレスを抱えることなく、進める事が出来ればと良いのではと思いますね。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »