システム保守開発プロジェクトを計画する上でのポイントは?

システム保守開発のポイントは?

システム保守開発プロジェクトを計画する際にに注意しなければならないポイントはどのようなポイントなのだろうか?
とシステム開発の現場にいた頃を思い出すと考えてしまう事があります。
今まで様々なシステムを保守してきましたが、保守する上で注意するポイントを誤ると大障害が発生してしまう事になります。
既に業務でそのシステムを使用している状況ですので、発生する障害もそれなりに影響の大きなものになるでしょう。
ここではシステム保守をしたり、新たに機能追加をする上で注意しなければならない点についてまとめておこうと思います。

システム改修時の影響を見極める

システム改修をする前段階で必ず必要になる作業と言えば、業務影響、システム影響調査でしょう。
プロジェクトメンバーにどれほどプログラミング能力が高いメンバーを揃えたとしても、影響調査をおろそかにしてしまうと改修漏れという大きなリスクを負ったまま、後続工程に進む事になります。
様々なツールを駆使したり、過去の類似プロジェクトの失敗例・成功例を分析したりして、影響調査誤りが発生しないように入念に調査をする必要があるでしょう。

システム性能・容量を考慮する

大規模なシステムになればなるほど、また社会的な影響力の大きなシステムになればなるほどシステムの性能面も考慮しなければならなくなります。
データ件数の少ないシステムであれば、システム性能の点はそれほど考慮する必要はないのですが、データ量が増えてくると、性能を考慮する必要が自然と出てきます。
デフォルトの設定のままではリソース不足に陥り処理が止まる、レスポンスが悪化し、顧客クレームに繋がる、などのリスクがあるため、この点も大切な要素と言えるでしょう。

障害時の対応内容が容易になるような仕組み作りが出来ている

システムを設計する時点で障害が発生したシーンを想定して、容易にリカバリーが可能なように設計をしておく必要があります。
1回だけ稼働すれば良いシステムであればこのような点は考慮する必要が無いのですが、何年も稼働させなければならないシステムとなるとイレギュラーを想定した処理を考えなければならなくなります。
トラブルで処理が出来なかった場合はどのように業務でリカバリーするのかなど、リリースをする前に様々な取り決めをしておく必要があるでしょう。

最後に

上記の通りですが、システム保守開発のプロジェクトにおいては、通常のシステム開発プロジェクトとは少し異なる観点でリスクをみておく必要があるでしょう。
業務が動き続けている状況の中、システムを切り替えていくという事はそれなりに考慮しなければならない事が多いものです。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »