ITコンサルのスキルを高めるためには?

ITコンサルという会社が増えているのはなぜなのか?

最近ITコンサルという職種名を様々な求人サイトでよく耳にします。
背景としては様々な企業が競合会社に勝ち抜くために、システム投資をせざるを得ない状況になっており、システムを構築する上での人材が不足しているという事が言えるでしょう。

そのような時に自社内でシステム構築を担当出来るような人材を全て手配出来ればいいのですが、そう簡単に人材の確保は進まないものです。
まして常時システムに精通する人員を抱えていると、システム開発プロジェクトが終息に向かうと仕事を持て余してしまうため、事業会社のシステム部門の多くでは現状のシステムをコントロールするための最低限の人員しか配置しないという事も背景としてあるようですね。

私自身も大手の金融機関のシステム部でITコンサルの仕事をしていた事があるのですが、プロジェクトが稼働している時には慢性的に人が足りていない状態で、大きなプロジェクトが動きだすとあらゆる手を使って人の手配をするよう関係各所に調整が行われるようになるのです。

その結果、企業の大小問わず、ITコンサルティング会社のようなある会社に仕事が舞い込んでくるのです。
 

ITコンサルではどのようなスキルを求められるか?

システム部の業務を請け負って、会社のシステム構築プロジェクトを動かしていかなければならないので、やはり様々なスキルが求められるでしょう。
具体的に求められるスキルを挙げてみましょう。
 

コミュニケーションスキル

ITコンサルに求められるスキルのうち、最も基本的なスキルでしょう。プログラミング作業を黙々と続ける訳ではなく、主な業務はシステムを使用する側の人間とシステムを作る側(プログラミングをする側)との間の調整になります。
そのため、決めなければならない事を利害関係者と上手く調整しながら業務を進めるスキルが必要になるのです。
 

ITリテラシー

システムを作る専門の人は技術的な専門用語を好んで使う人が多く、その方々の意図を理解し、システム要件を固めていく必要があります。そのため、ITリテラシーに関する一定の理解がなければ、踏み込んだ要件を調整する事は難しくなるでしょう。
理想としては自分自身で要件確定からプログラムの実装、システム運用まで経験した人がコンサルタントを担当するべきと考えます。
 

業務内容の理解

システムエンジニアと異なるのは、実際にプログラムというものを作るわけでなく、どういうシステムを作る必要があるのかという仕組みを作る必要があるという事です。
そのため担当する顧客業務に対する一定の理解が無ければ、顧客からの信頼は得られないでしょう。顧客業務に詳しく、ITに詳しい。そのような人材であれば、システムを使う側の人間が望んでいるシステム像に対して、対案や修正案を容易に提示出来たり、システムで実現可能な事、不可能な事の切り分けがスムーズに進むでしょう。
 

経営知識

ITコンサルタントとして業務的な領域に踏み込んでくると、必ずしも問われるような局面があるでしょう。
その機能は結局必要なのか?投資効果はあるのか?など、システムを作る価値を問われるようになってきます。その時に何らかの根拠を持ち合わせていなければ、思考の浅いコンサルタントととらえられてしまうでしょう。
 

忍耐力

忍耐力も必要になります。ITコンサルタントとして顧客と契約を結べたとしても、最初のうちは、顧客側もどのような人材かを判断するため、いろいろと試してくるでしょう。
無理難題を課してくる顧客も少なくはないと思います。
また、時には都合の良い使われ方をする事もあるかもしれません。反発が多そうな場面での交渉役やとりまとめ役など。
ただ、そのような時にすぐに根をあげているようでは、プロジェクトの難しい局面を任せられない人材だと判断される事になるでしょう。
 

アウトプットのスピード感

ITコンサルタントとして、求められる成果物のうち、大半は何らかの資料となるでしょう。プログラミングまで要求されるスーパーなコンサルタントも中にはいるかもしれませんが、大半がパワーポイントやエクセル、ワードなどのドキュメント、要件書になるのではないでしょうか。
その資料作成に時間がかかり過ぎてしまうと、やはり単価に見合わない人材という判断をしかねないですね。
 

余談

最近は昨今のシステム投資が活況という事もあって、ITコンサルタントという職業に注目が集まっていますが、注意しなければならない事もあります。
それは、人材を募集している企業の中には、ITコンサルタントとして募集をかけておきながら、採用ごに実際に与える仕事はSierの2次請け仕事だったり、ただのテスター要員だったりと、仕事の内容がかい離するケースです。
これらの問題を回避するためにも求人を出している企業の主な取引先や、請け負っている業務などを事前にしっかりと確認しておきましょう。
 

最後に

ITコンサルタントという職業は実に様々なスキルが必要になる職業でしょう。
ただ、その分顧客企業が満足するアウトプットを出し続ければ、非常に高い報酬をもらえる仕事と言えるでしょう。
これからITコンサルタントを目指してみたいと考えられている方は、思い切って行動を起こしてみてはいかがでしょうか。プロジェクトによって当たりはずれはあるとは思いますが、何も行動を起こさないよりは、行動を起こした方が何倍も成長が出来るでしょう。

フリーのコンサルタントの場合はこちらビッグツリーテクノロジー&コンサルティング平均単価147万円高額案件のようなお仕事もあります。ITコンサルタント、プロジェクトマネジメントの経験を活かすお仕事がたくさんありますので、迷っている方はぜひ行動を起こしてみましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »