こんな銘柄には手を出さない方がいい~危険な株式の見方

こんな銘柄には手を出さない方がよい

株式投資をする始めるに当たって、最初にどの株を買うかを迷われると思いますが、
初心者の方が手を出さない方が良い銘柄を少しご紹介したいと思います。
 

具体的な銘柄の特徴

直近数年の売上が伸びていない銘柄

株式投資というのは本来は投資する会社に資金を投入して、その会社が成長すれば、結果として配当や株主優待をもらえるという金融商品です。
投資先の会社が成長すれば株価も上がりますので、売却益を手にする可能性も高いでしょう。
そのため、本業である営業利益が伸びていない企業(下降気味)の企業は長期的に資金を預けるのは危険と言えるでしょう。
 

直近に業績の下方修正が出ている銘柄

上記の点に加えて、業績の下方修正が出ている銘柄も手をだすのは控えておいた方がよいでしょう。
長期保有する場合はそのまま株価が下降トレンドになる可能性がありますね。
 

出来高が少ないのに急騰している銘柄

このケースはぱっと見ると今後も株価が上がっていくように思えますが、多くのケースが業績の実態が伴っていないのにも関わらず、株価が操作されているケースが多いですね。
購入しても、上がり切ったところで急降下するという不自然な値動きになる可能性があります。
初心者のうちは避けておいた方がよいでしょう。

最後に

様々な銘柄があるため、いろいろな選択肢があるのが投資の面白みでもあると思うのですが、最初は少額で分散して投資をしていくのが安全であると思います。

投資関連商品 SBIネオモバイル証券のご紹介

これから株式投資を始めようかと検討されている方におすすめの証券会社です。
お持ちのTポイントで投資を始める事が出来る今話題のSBIネオモバイル証券のご紹介をしたいと思います。

ネオモバイル証券は、毎月200円(税込み216円)のサービス利用料を払う事で50万円以内の株式であれば何度でも取引をする事が可能になる新しいモバイル証券です。その支払った200円もモバイル証券から毎月同額の200ポイントが還元されるため、実質無料で投資が可能になります。

しかも、お持ちのTポイントを投資に回す事が出来るため、日常生活(ファミマやガストなど)の買い物やクレジットカードでの買い物で貯まったポイントを投資に回す事が出来ます。

100株集めると株主優待券などをもらえるため関連商品を割安で購入したりする事も可能になります。
親会社のSBIホールディングスは東証一部上場企業であり、資金を安心して預けられる証券会社と言えるでしょう。
グループのSBI証券はネット証券のシェアにおいて口座数、売買代金共に日本一の証券会社です。
SBIネオモバイル証券においては何十万も資金を用意する必要はなく、余剰のTポイントを無駄なく投資に回す事が出来る。
将来に向けた本格的な投資の手始めに、ネオモバイル証券のTポイント投資を始てみてはいかがでしょうか。



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »