ITで事業を立ち上げてみる。どのようなビジネスモデルのパターンがあるのか?

ITで起業するというのはどのようなビジネスモデルがあるのか?

IT社長というフレーズを最近よく耳にする事があるのですが、ITの社長といってもかなり色々あるのが実情ですね。

ここでどのようなIT社長・会社がありうるのか整理してみたいと思います。
筆者もIT業界で長く働いていますので、将来の目標としてIT会社設立を考えられている方はぜひ参考にして頂ければと思います。
 

顧客とSES契約を結びIT起業する

SES契約という契約を顧客と結びプロジェクトに参画する。
SES契約というのは、ITの技術者派遣契約のようなものですね。
システム開発現場に技術者を派遣し、何人を何か月派遣したかによって、売上が決まるような契約です。
そのような仕事の受け方でIT起業をされている会社はたくさんあります。

大規模なシステム開発プロジェクトとなると、様々な工程、役割でエンジニアが必要になります。
一つの会社でプロジェクトの要員を全て調達できれば良いのですが、実際にそう簡単に調達が出来るわけではありません。

そこで、様々な会社と契約を結び、SES契約としてプロジェクトに入る事が可能になるのです。
要件定義の業務を遂行する、テスト作業を遂行する、移行作業を遂行するなど、その仕事は多岐にわたることになります。
特に企業の基幹システムの開発プロジェクトなどは、非常に大規模になる事が多く、このような契約で参入される会社が多くあります。
最近はあらゆる業務を自動化するRPAツールを用いたSES契約などが需要が多くあるでしょうか。
 

顧客と請負契約を結びIT起業する

SES契約での遂行が企業として可能になってくると、次のステップは請負契約でしょう。

SES契約と異なるのは、業務量に応じて報酬が得られるわけではなく、あくまで請け負ったシステムの規模、内容の見積もり金額に対する報酬が支払われる事になります。

契約時に開発ボリュームを見積ります。見積もり金額を大幅に超えると赤字になる可能性もありますが、仕様変更の調整を上手くできれば、利益を上げる事は可能でしょう。

企業の基幹システムを請負契約により構築するためには、ある程度のシステム開発実績があり、要員調整などが可能なSierという会社でよく使われる契約ですね。
Sierというものがどういうものなのかという記事はこちらにまとめていますSierとは?
 

ITコンサルティング会社としてIT起業する

顧客とSES契約を結ぶ形式に近いのですが、多くのパターンは顧客企業のシステム部の一員として、社内の要件調整の交渉サポートに回ったり、システム要件定義の作成などを行います。
プログラミングの作業等はあまり発生しませんが、システム化にあたる各種交渉・調整・企画・推進などの業務を円滑に進める必要があります。
フリーのコンサルタントの場合はこちらビッグツリーテクノロジー&コンサルティング平均単価147万円高額案件
のようなお仕事もあります。ITコンサルタント、PMOの経験を活かすお仕事がたくさんありますね。

・・・というのが理想的なITコンサルティング会社なのですが、実態として、XXXXコンサルティングという会社の業務内容が全て上記のような業務ではないですね。
通常のエンジニア派遣と同様の事をされている会社も多数存在します。

本流のITコンサルティング会社を立ち上げ、経営していくには、やはり、コンサルティングファームでの豊富な実務経験が必要になるでしょう。
 

自社製品を構築・導入しIT起業する。

今度は顧客から受託した要件を元にシステムを作るのではなく、自社の製品を作成し、お客様に売る。そしてシステム利用料金をお客様から受領するというビジネスモデルです。

作成したシステムが売れない間は売り上げも全く上がらない状態が続くのですが、導入先が増えて、品質が安定してくると、売り上げ、原価率共に安定してくるビジネスモデルでしょう。
具体的な例を挙げてみると、財務・会計ソフトなどが代表例でしょう。
他にも特定の業務を切り出して、製品化しているソフトなどはこちらに分類されますね。
 

パッケージをカスタマイズして導入する

システムパッケージをカスタマイズして、販売、導入するという方法も有効でしょう。
代表的なソフトとして、salesforceなどがありますね。

ERPソフトであればさらに広がります。SAPなどは非常に多くの企業で導入されているため、製品知識や技術に明るければその道で顧客を開拓していくことは可能でしょう。
 

ゲーム作成、スマホアプリでIT起業する

最近の若手エンジニアですと、ハイスキルな人材がIT起業する方法として比較的多いパターンではないでしょうか。
ヒット商品を作成する事が出来れば、ダウンロード数、課金金額に応じて収入を得る事が可能となるため、アイデア次第では高い利益率を出すビジネスモデルと言えるでしょう。
 

アフィリエイトや広告収入でIT起業する

こちらも最近増えてきている起業方法の一つでしょう。
アフィリエイト会社と契約し、ウェブサイトを運営しながら広告収入や手数料収入を得ていくというビジネスモデルです。
 

キッティング、インフラ構築ビジネスでIT起業する

官公庁や企業などが特に多いのですが、PCなどの端末を一斉に切り替えたり、サーバを移設したり、インフラ構築のプロジェクトを専門に取り扱う会社も存在します。

特にキッティングビジネスなどは少人数でも業務遂行が可能な事が多いため、少人数で起業した際には比較的こなしやすい仕事と言えるでしょう。
 

ウェブデザイン業務でIT起業する

ITの中の世界でも、システムインターフェースの開発(具体的には画面デザインの開発)に特化した業務をしている会社もあります。
ウェブデザイナーとして個人事業をされている方の延長線上と考えても良いでしょう。
 
 

まとめ

一言でIT起業と言っても契約や扱う商品によって、様々な起業方法があります。
最近はフリーランスから個人事業主として始めて、IT起業に進むケースも多くなってきており、ある種のチャンスと言ってもいいでしょう。

IT業界は外から見ると非常に華やかな業界に映っているらしいですが、実態は必ずしもそうでない事が多いです。もちろん毎日を楽しく過ごされている方もいらっしゃるのですが、その領域までたどり着くには相当の努力を要すると考えておいた方がよいでしょう。
これからIT業界で働いてみようと考えている方々の少しでも参考になればと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »