サイドビジネスとしてフットサル場を経営してみよう

ここではフットサル場を経営してみるという方法をご紹介しましょう。
最近ひそかに注目されているサイドビジネスの一つと言ってもいいでしょう。

サッカーが好きだけど、何らかの方法でビジネスに関わってみたい。
選手として活躍する、指導者としてチームに関わるといった方法以外にクラブ経営に関わるという選択肢もあるだろう。

その他の選択肢として経営側に回るという考えも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

おおまかに説明をしてしまうと
フットサル、サッカーが好きな方であれば、その土地に人工芝を張り、ゴールとフェンスを設置すればフットサル場の完成です。
サッカー場と違い、比較的狭い土地で実現可能な点が良いところだろう。
近年はビルの屋上スペースを利用する業者も増えてはいますが、個人で運営するのであれば、所有する土地で運営する方が一般的しょう。

フットサル場が出来れば後は集客ですね。近年は男性だけでなく、女性のフットサル人口が急増しています。
フィットネス目的や、社交場目的でフットサルを楽しむ人達が増えてきているのもビジネスを始める上での追い風となるでしょう。

総工費は土地の値段にも寄りますが、約1千万で設営が可能になる事もあるだろうと思われます。

自分自身の運営するフットサルコートでプロのサッカー、フットサルプレーヤーを育成する。そんな時代が来ているともいっていいでしょう。

フットサル場運営に興味をお持ちの皆さんは一度検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »