日経225ミニのご紹介。サラリーマンでも可能なデイトレード

日経225ミニという言葉をご存じでしょうか。
ある種の先物取引であるのですが、日経平均の先行きを予想し、例えば半年後、1年後に
自分が予想した通りに上昇したり、下降した場合に利益を得られるという取引です。

少し言い換えると上がると思ったら買う。下がると思ったら売る。という2つの取引を選ぶ事になるのです。

日本株投資のように、特定の会社の株式を購入したり売却したりするわけではなくて、
日本の代表的な株式225銘柄に投資をするというイメージでしょうか。

またもう一つ異なる点として、取引時間があります。
日本株式市場であれば前場が9:00~11:30、後場が12:30~15:00に
設定されていて、平日会社勤務をしている会社員の方にはデイトレードが難しい環境ではあると思うのですが、

日経225ミニの場合は夜間市場が開いていて、日中の時間帯に加えて、16:30~翌朝5:30まで取引をする事が出来るのです。
トレードが好きな方には一日トレードが出来る環境になっているんですね。

売りから入る事もあるため、信用取引となります。
そのため取引証拠金が必要になるのですが、最初は10万円程度から取引を始める事も可能です。

日本経済の先行きを予想する取引ともいわれる日経225。
サラリーマンの方がデイトレードを始めるには有効な投資方法のひとつと言えるのではないでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »