0(ゼロ)から新しいシステムを構築してみる。そのポイントは何だろうか。

0から新しいシステムを構築すること

様々なシステム開発や保守の仕事をしていると、このシステムは作り替えた方がいいな・・などと思う事がありますね。
長年使い続けて様々な部分に改修が入ったりしていて、全体を見てみると複雑になり過ぎている事が多いですね。
0(ゼロ)から新しいシステムを作る際に考えなけれなならない事はどのような点になるのか少し考えてみたいと思います。
 

本当に必要な業務・機能に絞りこむ

色々なことを実現させたくなる新システムですが、最初に幹となる業務・機能を検討する必要がありますね。
その幹となる業務を円滑に遂行できるようなシステムを描くべきでしょう。
あっても無くても大して影響のない機能を中心に考えていては理想のシステムは出来上がらないですね。
 

システム基盤を検討する

最近は様々なクラウドサービスが普及してきているため、システムの基盤作りに関しては様々な選択肢がありますね。
このあたりの技術的に明るいメンバーの方がいるのであれば、自分で一から基盤を作成するという方法ももちろんあるのですが、ある一定の料金を支払い、クラウドサービスで基盤(サーバー)を構築するという方法もあります。
費用面と相談しながら、プランを検討する必要があるでしょう。
 

アプリケーションの技術選定をする

システム基盤を選定するとともに、システムの中身を構築するアプリケーションに関する技術選定をする必要がありますね。
具体的にはどのフレームワークを使用して構築するか、はたまたどのコンピューター言語を使用して構築するかという点でしょうか。
システムの特徴によって、求められる処理の特性が異なったりしますので、使用するコンピュータ言語を選定する事は非常に大切になりますね。
エンジニアによって得意な言語なども違いますし、機能の内容やチームメンバーのスキルと相談して決めていく必要があるでしょう。
 

データベースを選定する

続いてデータベースですね。様々なデータベースが存在していますが、自由に構築が出来るフリーのデータベースソフトがいくつかありますね。
そのようなデータベースソフトを使用する事で、アプリケーションの機能を充実させる事が可能になります。
 

最後に

0(ゼロ)から新たにシステムを構築するとなると、少し難しく考えすぎてしまうかもしれませんが、
最初から複雑なものを構築しようとせずに、核となる部分から徐々に構築作業を進めていく事であらかじめ描いた完成形に近づける事が出来るでしょう。
フレームワーク類も非常にたくさんの種類が登場していますので、自身が使いこなせるフレームワークをいくつか持っていると今後のシステム構築作業に重宝する事になるでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »