日本株式の配当をもらい、生活に潤いを。おすすめ銘柄で投資の基本をおさらい。

日本株式の配当をもらうという投資の基本

今回は日本株式の配当により収益を得るという、基本的な投資方法をご紹介したいと思います。
配当による利益が得られるようになれば生活に潤いが出てくるでしょう。
売り買いを繰り返す事なく、じっくりと長期保有する事で継続的な利益を得ていく。
そのような非常に基本的な投資の方法をご紹介してみたいと思います。

株式を長期(数年~10数年)保有する事により、長期的な値上がりを待つと共に、毎年2回ほどの配当所得を得る。利益を得るまでは時間のかかるやり方ですが、長い目で見ると非常に有効で基本的な投資方法と言えるでしょう。
 

どのような銘柄が高額の配当をもらえるのか?

 
それではどの会社の株式を買うと配当金を安定してもらう事が出来るのでしょうか。
日本株を例にとってみますと、例えば以下の銘柄の配当利回りは非常に高い水準になっています。
※2019年5月29日時点
銀行にお金を預けているだけでは(普通預金の場合)0.001%の利息しかつかないのが現状です。
100万円を1年預けていても、10円の利息しか得られない。
そのような時代なのです。

企業の株式を購入して、配当の利回りを得ていく事いかに高利回りなのかが、分かって頂けるのではないでしょうか。

【代表的な高配当の株式】
・住友商事  5.76%
・三井物産  4.81%
・三菱商事  4.40%
・伊藤忠商事 4.24%
・武田薬品  4.68%

上に記載しました会社は総合商社が多いですが、非常に高配当な株式と言えるでしょう。

いずれの会社も将来倒産するリスクは非常に低い、安定している大企業であるため、
長期保有による配当所得を得るうまみが大きいといえます。

配当利回りがさらに高い会社もありますが、会社の業績などを考慮しますと、上記のご紹介しました会社は総合的に優れている会社と言えるでしょう。
 

実際に受け取れる配当金額はどれくらいなのか?

 
仮に20万円の株式を保有していた場合、その5%前後の年間8千円~1万円の配当をもらえる事になります。実際の手取り金額としては源泉所得税が引かれますので、7000円~9000円くらいでしょうか。

それでも非常に高額な利回りと言えるでしょう。
100万円の場合、年間5万円前後の配当所得を得る事が出来ます。
銀行預金利息と比較すると、いかに高利回りなのかが分かって頂けるのではないでしょうか。

明らかな景気の下降局面では株式を長期保有をする事に対して慎重にならなければならないのですが、
それ以外の局面では多少の値下がりはあるかもしれませんが、最悪倒産する事は考えにくいため、長期保有するにはおすすめの銘柄と言えるでしょう。

総合商社銘柄に関しては最低取得単価が15万~20万程度のため、株式購入時にミニ株(取得株数を少なくして購入する株式)にする必要もなく通常の単元株式で取得が可能になるでしょう。

日本株式への投資で安定した配当所得を得ていく。基本的な投資方法ですが、銘柄の選択を間違えなければ非常に有効な投資方法と言えるのではないでしょうか。
 

配当をもらうための株式投資を始めるための具体的な手続きは?

 
株式投資をはじめるためには、証券口座を開設する必要があります。
銀行に口座を開設するようなイメージですね。

口座を開設する事自体はほぼ全ての証券会社で無料で開設する事が出来るのです。
必要なのは免許証などの本人確認の証明書です。

証券口座を開設というと最初は少し身構えてしまうかもしれませんが、口座に入金したお金は何もしなければ勝手に減るような事はありません。
 

おすすめの証券会社は

筆者も口座を保有しています、SBI証券という証券会社がおすすめです。
楽天証券などもいいのではと思いますね。

どちらの証券会社も親会社は東証1部上場企業ですので、証券口座にお金を預けていたとしても、会社が倒産して資金が戻らなくなるというような心配とは無縁でしょう。

さらに最近はSBI証券会社のグループ会社でSBIネオモバイル証券という証券会社が出来ています。
SBI証券よりもより、扱いやすい証券会社とも言えるでしょう。
 

ネオモバイル証券とはどんな証券会社なのか?

 
ネオモバイル証券の特徴は以下の通りです。
通常の証券会社(SBI証券や楽天證券など)との違いを中心にまとめています。

・現金だけでなく、溜まったTポイントで投資をする事が可能です。
・月に50万円までの取引であれば月額216円で取引し放題です。
(しかも実質毎月Tポイント200ポイントをもらう事が出来るので実質ほとんど無料)
・1株から株式を購入可能(ミニ株のようなものですね。)
(通常の株式購入の際には単元株単位の購入となるため用意する最低金額がどうしても大きくなってしまいます。)
・配当金も保有銘柄の権利確定日まで保有していれば保有枚数に応じてもらえます。

これから配当投資を考えられている方はぜひSBIネオモバイル証券の口座開設をしてみましょう。Tポイントを有効活用しながら、投資の学習を始める事が出来ます。日常生活の楽しみが一つ増えると思いますよ。
 



おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »