システムエンジニア(IT業界)に向いている人とは?

システムエンジニアに向いている?

最近は様々な企業でのIT投資が活況になってきています。
その分、システムを開発出来る人材も多く必要になってくるわけですが、どのようなタイプの人が向いているのか考えてみたいと思います。
 

様々な問題・課題を解決するのが好きな人

システムを構築していく過程において、様々な課題が出てきます。
そのような時に顧客側と一緒になって、ベストな解決案を提示して、それを実行に移せるようなプロセスが好きな方は向いていると言えるでしょう。
システム開発というと、デザイン選定のような華やかな業務を想像しがちですが、
通常の業務はもっと地味な業務ばかりですね。
様々な開発工程において、システム不具合との戦いとなる事でしょう。
そのような時に、少しでも前向きに取り組めるようになれば、
この業界で長く働けるのではないでしょうか。
 

コンピューターに興味がある人

プログラミングに興味がある方であれば、尚いいと思うのですが、
システムエンジニアの全ての人がプログラムを書くという訳でもないです。
ですが、コンピューター周りのハード、ソフトに関する知識は当然必要になるので
そのあたりに苦手意識があるのであれば、避けておいた方が良いでしょう。
 

仲間と協力して何かを作り上げたい人

最後に今の状況ですと、新卒でなくても、IT業界で働きやすい状態になっていると思います。
筆者が知っている会社でも、必ずしもエンジニアとしての経験がある方だけでなく、元居酒屋の店長さんや、アパレル会社に働いていた方も、エンジニアに転職したりして活躍しています。
待遇面も初年度は月給20万円代が多いと思いますが、1年以上IT業界で経験を積めば、30万以上もらえる企業も数多くあるでしょう。
何か別の仕事をやってみたいと考えていらっしゃるようであれば、将来性のあるIT業界を選択してみてはいかがでしょうか。
こちらのサイト(GEEK JOB)であればIT業界未経験からでも仕事を紹介してもらえますので、ぜひご利用頂ければと思います。


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »