システム開発時のレビューはどんなところに注意する必要があるのか?

システム開発時のレビューのポイントとは?

システムを開発する局面で各種成果物やテスト結果などをレビューする事はよくありますね。
その際にどのような事に注意すればよいレビューが出来るのでしょうか?
内容を整理しておきたいと思います。

①要件がシステムに反映されているか

どのようなシステムを構築するにしても、要件書なるものが存在するはずです。
システムを企画する段階で作成するドキュメントですね。
様々な課題を検討するうちに、元々の要件からかけ離れたシステムが出来上がってしまう、また、要件を取り込み漏らしてしまうという話はよくある事ですね。
システム開発モデルがウォーターフォール型であれば、このような不備は致命的になります。
最近はアジャイル開発が主流になりつつありますが、要件の確認という点は基本的なポイントと言えるでしょう。
 

②非機能要件を考慮出来ているか

①要件書に書かれている事を漏れなく取り込んでいくという点はもちろん大切なのですが、
非機能要件と言われるような部分の要件も近年は非常に重要視されていますね。
よくある問題が性能問題でしょう。
オンライン機能であれば各種機能のレスポンスタイムなどは意識して構築をしていかなければならないでしょう。
その他のリソース面の仕様も行き当たりばったりに決めていくのではなく、関係者と協議しながら進めていく事が大切になりますね。
 

③セキュリティの不備は存在しないか

最近はセキュリティの脆弱性診断という言葉も良く聞かれますが、構築したシステムにセキュリティ上の問題があるようだと、後々大きな問題につながる事になりますね。
このような観点でも問題が無いかレビュー時に確認をする必要があるでしょう。
 

④業務運用を想定した作りになっているか

少しざっくりとした視点になりますが、構築して実際に使用するシステムは今後ずっと業務で使い続けるシステムとなる事がほとんどですね。
1回正しく動けばよいという視点ではなく、実際の業務日程や業務フローを想定しながらテストを繰り返す事で、本番運用に耐えられるシステムが出来上がる事になります。
業務の流れとシステムの流れを整理して、計画的なテストをしていく必要がありますね。
 

最後に

レビューはレビューアが各自の観点で改善すべきと思う点を指摘していく事になるのですが、
上記のポイントは最低限は確認しておくべきポイントと言えるでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »