現場の業務経験に加えて、情報処理資格を取得していくメリットとは?

情報処理資格を取得していくメリットとは

IPAと呼ばれる情報処理推進機構はご存知でしょうか?
昨今はデジタル化の必要性が様々なところで叫ばれていますが、やはり様々な業種でITを活用した生産性向上が課題となっているからでしょう。
どのような業界にも資格というものが存在するのですが、今回はIPAが管轄する情報処理資格の取得メリットについて考えてみたいと思います。

様々な知識の再整理に役立つ

現場のOJTが最も大切な学習だという考えを持つIT技術者の方も多くいらっしゃるとは思うのですが、筆者が考えるに、知識・方法論の整理というのは一定の間隔で実施する必要のあるものだと考えます。
IT業界は目まぐるしく進展し、新たな技術が台頭する業界であるため、少し前の年代のスタンダードが必ずしも現在のスタンダードにはなりえないですね。
現在のスタンダードを再整理するためにも、情報処理資格の学習、取得をおすすめしたいと思います。
 

任せされる仕事が変わってくる

資格について学習し、新たに難関資格を取得したりすると、自分では気が付かないかもしれませんが、客観的に実力のあるIT技術者として見られる事となるでしょう。
そして、今まで任せられていた仕事からステップアップした仕事を任せられる事に繋がると考えられます。
 

キャリアアップの選択肢が広がる

昨今の情勢を考えると、様々な仕事が出来るようになるという事は非常に大切な点でしょう。
今の職場だけが全ての仕事場ではありませんので、将来の転職、独立といった局面で、資格を保有していると、職務経歴にプラスして良い評価をしてもらえることは間違いないでしょう。

情報処理資格といっても、経産省が管轄する情報処理資格から民間ベンダーが提供している資格まで実に様々な資格が存在しています。
自分自身のキャリアの方向性をしっかりと見定めて学習を続けていく事で、様々な新たな気づきを得られると思います。
 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA