Sierとは結局のところ何?

Sierという言葉を聞いた事があるでしょうか?

なんとなくシステムを作っている会社という感じでとらえられている方が多いかもしれません。
筆者もIT業界で長く働いていましたので、その中身について触れておきたいと思います。
 

どんな仕事をしているのか?

主に企業の基幹システムを構築する仕事をしています。システムと言っても、いろいろな種類のシステムがあるのですが、比較的大きな企業であれば、自社のオリジナルの業務システムを保有しています。
Sierと呼ばれる会社は主にこの基幹システムを構築する仕事をしている事が多いです。
 

ホームページ制作などとは違うの?

対企業向けのシステムに縁がない方には企業のホームページぐらいしかシステムを思い浮かべないかもしれません。
企業のホームページなどは所謂企業のフロント側のシステムである事が多く、Sierのような企業が作っている事もありますが、どちらかといえば、中小のソフトハウスやデザイン会社が制作している事が多いですね。
 

それなら大企業のシステム構築って具体的に何をするの?

イメージとしては大きなビルを建てる事を想像して頂ければよいかと思います。

大きなビルを建てるには当然建築の計画が必要になり、リソース(機械、人材)の調達、費用の交渉などをする必要が出てきます。

実際にモノを作る工程を中心に活動しているのではなく、主にプロジェクトと言われる、モノを作り上げるまでの過程を管理する仕事が中心になります。
 

Sierにはどんな会社があるの?

代表的な日本企業ですと、以下の企業が有名ですね。
日本のSier
・NTTデータ
NTTと言うと、電話会社のイメージがありますが、Sierとしては日本で最大の売り上げを挙げています。官公庁、大手の金融機関を顧客として様々なシステムを構築しています。

・野村総合研究所
野村証券のシンクタンクから誕生した会社ですね。コンサルティング業務を多く手掛けているのですが、最近はシステムインテグレーションの業務にも力を入れているみたいです。証券システムや小売業の基幹システムを手掛けている事で有名です。

・富士通
パソコンメーカーとして有名ですが、Sierとしても様々なシステム構築の実績があります。
自社で大型のハードウェアを開発、保有している事が強みですね。

・日立製作所
こちらも富士通さんと同じですが、Siビジネスでも非常に様々な業界でシステム構築の実績があります。
 

外資の代表的なSier
・IBM
かつてはPCの制作、販売で有名でしたが、現在はシステムインテグレーションの売上の方が多いでしょう。メインフレームと呼ばれる大型高速コンピューターを使用した金融機関の基幹システム開発に強い会社ですね。

・アクセンチュア
コンサルティング会社として非常に知名度のある会社ですが、近年はITのコンサルティングからSierの領域まで幅広く事業を手掛けています。
日本の中小Sierはアクセンチュアの下請けとして契約する事も少なくありません。
 

最後に

Sierという会社の業務を少しは理解して頂けたでしょうか?
プログラミング能力を極めていきたいという考え方や、最新技術を身に付けていきたいという考えの方には必ずしもマッチしないかもしれません。

どちらかというと、建設事業をするゼネコンに近い会社ですので、就職・転職する際にはミスマッチが起きないように注意した方が良いでしょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »