USCPAとは?外資企業での活躍を考えている方へおすすめの資格

USCPAの資格をご存じでしょうか?

現在様々な公的資格がありますが、USCPAという資格をご存じでしょうか?
知っている方にとっては今さらのお話ではあると思うのですが、
まだよく知らないという方にはぜひ一読して頂ければと思います。

USCPAとは米国公認会計士という資格ですね。

日本で会計士・税理士の資格を保有していたとしても、海外で同じような業務を行うには海外の免許が必要になってきます。

アメリカで会計業務を行うには専用の資格が必要になってくるという訳です。

当然試験問題も英語になりますので、英文読解スキルが高くなければ合格は出来ないでしょう。
他にITに関する知識も求められる事から、USCPAの資格を取るには、「英語」、「会計」、「IT」の分野で一定以上の理解がなければ、合格しないと言われています。
[space]

資格試験はどのように行われているのか?

日本の東京・大阪で試験が行われているようですね。
アメリカの各地でも行われています。

日本で受験する場合、1科目当たり、受験費用が+4万円必要になるため、
2科目以上まとめて受験をする方はグアムやハワイなどで受験する方もいるみたいです。
[space]

資格を取るとどのような利点があるのか?

資格試験に合格すると、外資の会計関係の仕事をしやすくなるようですね。
監査法人などでも同様でしょうか。

海外法人の業務をする上では、自分自身のスキルに拍が付く事になりますので、様々な方から信頼を得やすいでしょう。

IT、会計、英語の総合的なスキルを試される試験であるため、国際化が進む中で非常に重宝される資格の一つと言えるのではないかと思います。
自分自身のスキルアップのために、受験を検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »