なぜか成功するシステム開発プロジェクトの特徴

なぜあのシステム開発プロジェクトは成功しているのか?

そのような悩みを持っている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

筆者も今までに数多くのシステム開発プロジェクトを立ち上げ、サービスリリースまで進めて来ました。
プロジェクトには当然規模の大小がいろいろとあるのですが、ここでそのプロジェクトが成功する要因、失敗する要因についてご紹介したいと思います。

システム開発プロジェクトが成功するにはやはりいくつかの要因があります。

必要な開発要員が揃っている

そんな事当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、必要な人員を調達するという事はプロジェクト成功には欠かせない要因と言えるでしょう。
特に専門知識を要する開発をする場合は、ただ人の頭数を用意しても解決しない課題が生まれやすく、適切な要因配置が必要になるでしょう。
 

無理なスケジュールを組んでいない

短納期の開発スケジュールでは品質の低下が予見されます。
全てのプロジェクトで品質が最優先とも言いにくいのですが、ある程度の水準以上の品質を求められるプロジェクトにおいては、各工程にある程度のバッファが無ければ、予期せる課題が検知された段階で計画が破たんしてしまうでしょう。
 

見積もりにプロジェクトリスクが盛り込まれている

見積りミスにより、大きな問題を発生してしまうプロジェクトも多く存在します。
大規模なプロジェクトになれば、移行工程の見積もりミスが致命的な問題になる事が多いですね。
システム開発プロジェクトの見積もりには様々な方法がありますが、明確な事項には正確な見積もりを積み上げ、不明確な事項には再見積もりをするという前提付きで工程を進めるなどしなければ、予算面でプロジェクトを成功させる事は難しいでしょう。
 

前例を参考にしている

この点も非常に大切な事だと考えます。
様々なプロジェクトがあるのですが、過去に類似のプロジェクトを開発しているようであれば、そのプロジェクトの成功要因・失敗要因を分析し、今回のプロジェクトに活かすという努力が必要になるでしょう。
 

顧客側と良好なコミュニケーションを取れる体制が出来ている

この点も重要になってくると思います。
どれほど優秀な開発者を揃えても、仕様変更やスケジュール調整、コスト交渉などの局面で調整が上手く進められなければ、プロジェクトが途端に傾くという事もあります。
顧客と双方が利益を最大化出来るようなプロジェクトマネージャーとしての仕事が出来るような人材がいなければ、成功には導けないでしょう。
 

最後に

システム開発プロジェクトと言っても、実に様々な開発プロジェクトが存在します。
その特徴に応じた事前の対策が必要になってくると思いますが、上記に記載したような内容はほぼ全てのプロジェクトに重要な事と言っていいでしょう。
何事にも入念な準備と良好なコミュニケーションを取る事が大事だと思います。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »